ギガテックが実現する
「グローバル調達サービス」

Realized Global procurement service

ギガテックはIPO事業に特化した「グローバル調達サービス」を行う会社です。購買用語におけるIPOとは、International Procurement Office(国際調達拠点)のことを指します。
日本における中小企業の比率は全体の99.7%を占めていると言われています。これまで日本におけるものづくりの現場を中小企業が支えてきたと言っても過言ではありません。しかし近年の経営者の高齢化に伴い、大廃業時代に突入したと言われています。総務省が発表した平成27年度の個人企業経済調査によると、後継者が不在の企業は8割以上に及び、年間7万社が後継者不在を理由に廃業するという現実に直面しています。
このような深刻な問題を乗り切るために、今こそグローバルな最適購買を推進していく必要があります。

自社で中国工場や調達拠点を設立した場合、ローカルの外注工場との協力体制を構築するのに多くの時間を要します。仮に利益が出たとしても外貨管理規制により、海外に持ち出すことは困難です。また、現地の政策によって立ち退きや撤退を余儀なくされることもあるかもしれません。
優良企業であるほど、様々なトラブルに巻き込まれ、成果を上げられずに終わる可能性があります。
ギガテックは長年の経験により、中国国内の様々な工場のデータベースを構築し、貴社のIPO(International Procurement Office:グローバル調達拠点)として

アウトソーシングでも、
コンサルティングでもない、
貴社の一員としてのギガテック

「自社の現地リソースを活用したい」など、御社のニーズに合わせた柔軟な対応が可能です。
御社の海外調達拠点IPO(International Procurement Office)として、「ギガテック・グローバル調達サービス」をぜひご活用ください。

社長プロフィール

エレコム株式会社にて直接貿易体制を構築するためにアジア諸国に出向きローカル工場の開拓、社内貿易体制、国際物流体制の構築に貢献。その後サプライチェーン・マネージメント部門(SCM部)を立ち上げた後、エレコム(上海)現地法人を設立。現地社長(董事総経理)を経て独立起業。2008年ギガテック(上海)を設立、2013年ギガテック(香港)設立、中国ビジネス経験25年以上。

ギガテック代表取締役
村上 宏昌